一部執集

― 怠慢と追求の巧い駆け引き ―

この間Chuck Berryの訃報があった。一度もメディア越しでさえリアルタイムで目の当たりに出来ることなくこの世から発ってしまった。そんなBerryの特集が目一杯組まれたGuitar Magazineを手に入れなかったことに今更過ぎる後悔の念を感じながら、冥福を祈りながら更新するブログ。R.I.P.

イギリスを愛してるイギリスを愛してると豪語している俺たちは

俺たちこそ

今一度、米国のRock'n'Rollのルーツについて

ギターの在り方について、考え直さんといかんのかも分からん。

 

と、先のChuck Berryの訃報を聞いて思った

 

Chuck Berryの偉大さが、BEATLES乃至KINKS、Rolling Stones、YARDBIRDSやWho等60年代英国で起きた一大ビッグウェーブの産んだ、

俺たちが影響を受けまくっているそういう所の、全てを、集結させた源になっている。

 

Chuck Berry世代じゃない俺たちは、偶然であれ必然であれ、多分殆どの確立で、

BACK TO THE FUTUREで、あの曲を知った人が多いと思う。

あのアメリカの大ヒット映画のMarty McFly演じるMichael J. FoxがES-345もって暴れ回ったあのシーンのインパクトが強烈すぎた。

俺もその一人。

そこで初めて、俺はたった3つのコードの繰り返ししか使わない曲のカッコよさを知ることになる。

 

そして、ギター好きの奴らがあの映画を一度見て以降、皆が真似した、

ド頭のあのインパクトのでかすぎるフレーズ。

絶対一度は弾きたくさせる1フレーズ。あの衝撃は凄い。

 

そんなことを考えながら、Chuck Berryを筆頭にその時代に活躍したレジェンドを聞き漁っている。

あの人と同じ時代、周りに居た偉大すぎるレジェンド。

R&RやRockabilly含め、それらのルーツになっているBluesやCountryやDoo-WopやRhythm&Bluesをやっていたミュージシャン。

 

50~60s Popular Music Culture至高。

たまらん。

最近マジでElvisとかChubby Checker、Bobby Vinton、Everly Brothers、Eddie Cochran、Gene Vincent、Ricky Nilson、Scott McKenzieとか、そんなんばっか聴いてる。

 

そいや、どうにも世間の本当の意味でギター一点張りで、ギターロックやギターミュージックに取り憑かれてる人はどうしてもギターをよく聴かす系のRock音楽に自ずと傾倒してまうみたい。

 

でも何となく俺の場合は違うような気がする。

ギターに限らず、生でアナログな楽器ってどんな楽器も好きになってまうから、っていうのもあるから

個々の楽器の演奏至上主義というより、

「聴かす」「魅せる」、

頭からケツまでの「音楽そのもの」に力のある、魅力のあるものが結局一番落ち着くし、個人的趣味でいっても、たまらん。

世間のギターフリークで昔ながらのR&Rマニアは、絶対中心にChuck Berryが居てると思う。

ギタリストでヴォーカリストだから、ギターフリークでR&Rやる人の魅力の全てがそこに凝縮されてるからやろう。

でも俺はちょっとそこは感覚が違うくて、

あくまで、「バンド」、「集合体」なんやろうな、

ギター含めた全員の音で、良い音を出す、そこに尽きる。

ミュージシャンとして誰か一人が突出してるというよりかは、「全員で一つの音、作品」っていう性格の強い音楽が良いんかも分からん。

って言いながら、純粋なRock音楽と銘打ってる物にギターソロをどうにも期待してまう辺り、やっぱ俺ギタリストやなーと思う(爆)

とまぁChuck Berryというのは、俺の中ではそういうR&Rミュージシャン像の中の一人やったりする。

Chuck Berryがギタリスト、というのは、若干違う。

Rock音楽とはギターを弾いて歌う音楽、そこにギター無くしてRock音楽は成立しない、そんな当たり前を作ったのは紛れもない事実。

しかしそんな当たり前を、当たり前にした第一人者。

色んな楽器が数ある中、そこにギターが入るだけでそれはもうRock'n'Rollになる。

「Rock'n'Roll」というジャンルを体現させたミュージシャン。

ギターを中心にRock音楽が回る、そうじゃない。

“そこにギター在って初めてRockの音楽である”

それを概念にした人。

所謂ギター弾き、ギタリスト、…………そういうのじゃないんだなー、俺の中ではな。

根本的な所でもっと凄いデカすぎる人なんやと思ってる。

 

時代が変わっていくなぁ。

 

一つの時代のミュージシャンChuck Berryよ、安らかに。

f:id:firstpress:20170613231934j:plain

俺はかねがね前から『「頭のいい女子」は好かん』と豪語してきたが、根本的にそうではないことに気が付いた。『頭のいい「女子」』が嫌いなわけではない。【したたかで、賢しい女子】が、好かないんだ。

練習してるような感覚は一切ないねんけど、

最近前より頻繁に、思いついてはすぐ指笛吹く癖が付いてきてた。どこでお披露目するわけでもないのに。

Steven Tylerが、Love In An Elevatorのギターソロの途中でソロの空気がガラッと変わるところで吹くあの指笛に憧れたんだよ。(爆)

そこで最近気付いた。なぜか俺利き手(当方右利き)の指じゃなく、実際反対の利き手じゃない左手の指のほうがいつ何時でもすんなり鳴ることに。しかも少ない吐息量で。

今まで右手の指でやって、普通の吐く息の量では鳴らん+そのせいで大量に息出してもまぁ当然ながら明らか吐いてる息の音の方が強すぎる。

謎の極み。右手と左手でなぜこうも鳴りが違うのか。別に指の形変えて吹いてるとか一切ないのに。


東京喰種の霧島董香が好きすぎる。

ああいう男気性のヒロインは、たまらん。マニッシュ娘最高。


俺は

男です。


とりあえずとっととreに入りやがれ俺。

いやその前に早く原作集めやがれ。


いや、


無印を。


読み返せ。


(しばらく更新してなかったんで素晴らしき穴埋めブログ)

とあるママドルの出産後の自分へのご褒美なんたらの記事読みながら

ウチって、例えるなら昔っから通勤通学用とかの履き潰すようとして普段から当たり前のようにNIKEadidasやPUMAを買っちゃうような、そんな家庭じゃなかったから

そもそも親自体が大家族でお世辞にも裕福とは言えない家庭で育ったから

ブランドやネームバリュー云々の前に実用性。使えりゃなんでもいい族。

使えるんならバッタモンだろうが何だろうが。安くて使える一石二鳥じゃないと。

ウチはそんな家。

続きを読む

きました、春から日に日に最高気温に拍車を掛けジワジワ夏へと変化しようとしてる、この「日中はかなり暑く朝晩が肌寒い」時期

昨日久々にAmpegのベーアンで弾いてんけど

続きを読む

ビールでほろ酔い気分での勢いに任せ、本日来日最終日のPaul McCartneyの件で一言だけ叫ぶブログ。

誰だったか、

「自分の中では『VENUS AND MARS』がWINGS史上最高傑作」などと言っていた。

 

日本、世界、Paul McCartneyを知る人類のそのどこかには少なからず、乃至御多聞に漏れず同じ意見の人もいるのだろう。

 

そして、俺は改めて昨日、たっぷりゆったり、時間をかけてレコードで、

その中の

 

『You Gave Me The Answer』

 

という曲を聴いた。

 

そのメロディで、確信した。

 

やっぱPaulだわ。

 

と。

 

何このメロディ。

 

なぜそんなメロディ、音階が思い付くのですか。

  

俺は今

Maybe I'm Amazed以来の

メガトン級の衝撃を喰らってる最中。

f:id:firstpress:20170430051322j:plain