読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

一部執集

― 怠慢と追求の巧い駆け引き ―

着丈計ろうとして適当にアウター引っ張り出した時、ハンガーが折れちまった瞬間思ったこと。

服が、好きなんです。心から。

 

気付いたらハンガーかけてる家の鉄の竿が弓なりにしなってるんです。

MODS、フォーマル、バンドT、B-BOY、デニム、レザー

大概のジャンルの物は揃ってる。

まー大体がこれまで聞いてきたミュージシャンの影響から来てるねんけど、

見事に統一性がない。

例えばセレクトショップやらに足運んだ際に店員から「どういうものが好みですか」と聞かれたときに、これほんとあのね、

大体のジャンルは全部好きなの。だからそういう質問店員にされたときに何て返したら良いかがほんと、思いあぐねる。

というのも、(連れから『いやいやいや、』ってよく言われるのだが)着合わせも何も考えずにたまたま目に付いたありあわせの物適当に着ていくことが多いから、入る店によっては明らかにアウェーで場違いな時が稀にある。

用事が済んで店から出てきて、エントランスのガラス越しに移った自分の姿が見えてそこでようやく「こんな敷居の高い店に何ちゅう格好で来てんねん」って初めて気付くとか。マジでよくある話。

何も考えてないゆえに、何かしらほしい物がその店にあって、でも明らかに社会人としてある程度地位の持った、成功した人がちょっと奮発して贅沢しにくるようなタイプの店に平気で入ってたとか。

色んな店を物色して渡り歩いている内に自分でも気付かんとこでなっかなかな店に入ってたり

だから店員からそういう質問された時に言葉に詰まる。

この店のインナーマジで好みだけど、「あ俺今この店に全く相応しくないの着たまんままた入ってもうてる」、てな具合に。

モード系とかフォーマル系とかの店に平然と廃れたウォッシュドのデニムで来てたら、そら焦る。

でも最近俺が良いなと思えるものってそういう店にしか置いてない。

だからって別に俺がそういう地位や肩書きの持ったエライとこの部署勤めのリッチマン、なわけがない。

ちょっと下手打ちゃ即ニート滑落確定のフリーターなわけです。

そういうフリーターの永遠の見方、それが「古着」!!

店によっては古着とは思えないような状態の良い物取り揃えてたり、デッドストックにB級品、正規の店頭に並ぶはずの枠からこぼれてしまった系

それだけでアホみたいに嬉しい破格値で店によっては売ってたりする。

しかもマニアックな店なんかではオーナーが実際にアメリカから買い付けてきた、そういう型落ちっぽい物を、下町の小さく構えた店でそれこそすげー値段で売ってたりするニッチな穴場があったりする。

そういう店を求めてあっちこっち散策するのがマイブーム。

んで、それをマジで気心知れた奴らにしか教えない。という荒んだ性格。

 

でよく勘違いされるんだけど、

ここだけが決定的に違うとこ。

 

ここ最近の、どっちつかずで方向性の曖昧な着こなしなりスタイルがほんと、好かん

例を挙げだすとキリがないしそれこそ中傷的になりそうで、そういうのを主として取り扱ってるブランドへの顰蹙買うことになり兼ねないから言葉を控えるけど。

まぁ何か、常に3~40年前のイギリスやアメリカで流行ってた着方がほんとドンピシャって話。

 

衣服に対する購買意欲っちゅーか、話ならんくらい留まることを知らない。これじゃもはやクローゼットをいくつ用意してたところでテンで足りやしねぇ。

てなわけで、今むっちゃ目にかけてるのはJohn Lennonがかつて72年にMadison Square Garden公演で着てたようなミリタリーの米軍ユーティリティシャツ。

性懲りもない。

あとヒッコリー柄のDickiesかどっかのオーバーオール。

歌手のLiSAがかねてから超好きでさ。明朗快活なあの子のイメージが何となくオーバーオールとドハマりだったから、そこから。

……(動機の)意味が分からん(爆)

 

また、別の話。

そんなんで、日に日に俺の服装に対する趣向がどんどん老化してきて、

高校卒業して以来顔突き合わすのそこそこご無沙汰な奴から「おっさんなったなー」と言われ、最近となっては何となーく嬉しくもある、まぁ今となっちゃよく聞くフレーズなのだが。

これも、さして良いことばかりではない。

 

ある日、ギターを見に行った。勿論買うつもりはない。すげー気になってたモデルがその目的の店に置いてあって、質の良いアンプで鳴らすとどんなもんなのかと試してみたく伺うことに。

そのー、いわゆるフランク度みたいなのが店によってピンキリで、全国チェーンはまぁそれなりに客のニーズに合わせた対応してくれる。

だがその個人経営の店が色とりどりで、中にはフランク極まりない、置いてあるギターの取り扱いは全て自己責任で、その代わりどのギターも試奏フリーですっていうスタンスの店もありゃ、

またある店は、職人が一人、店の端のリペアコーナーでせっせとギターのメンテナンスに勤しんでて、店内は常にMellow JazzとかTexas Blues。重く分厚い防音扉を開けた瞬間一気にたちこめる緊張感。張り詰めた空気。乗用車が買える値段クラスのStratoやらTelecaster、Les Paul、335、175、MarshallにVOX ACにFender Ampが足の踏み場がないくらいゴロゴロしてる。

などなど……

 

別にその日はそんな身構えないかんような、頗る付きで敷居の高い店に行ったわけではない。

しかし上述の通り見てくれが、店にチラホラいる俺と同年代であろう連中のそれとの違いが目に見えて顕著なわけ。つまりこっちが超おっさん染みてる。

何が良いことばかりではない、って、

その気に入ったギターを試奏させてもらおうと店員に頼むんだけど、俺の外見見てさ、もうその人の空気が明らかに分かるの。年代を確実に間違われてるってこと。

会話の流れで大体店員が何を思ってるのかが読める。

確実に買う前提で店に来てるって思われてるの、俺を。巧いこと買わそう買わそうとしてくる。

むちゃくちゃポケットマネー持ち合わせてるって勘違いされてるのよ。

前なんかちょっとしたイケイケなアパレルショップに行ったようなもんじゃ、別にこちとら買う宛なくウィンドウ目的で立ち寄ったってーのに、頼んでもせんのにやたら店員がグイグイ推し進めてくるシャツやらチノパンをそれとなくヤンワリ断ってたらそやつからサラッと飛び出る爆弾発言。「クレジットで、どうすか?」

おいおい待てよと。もう帰りの運賃以外は缶ビール一個買うはした金さえ危ぶまれるのにさぁ、って。まぁどうでもええ話ですよ。

だから試奏したあとにどう店員に取り繕えば良いのかが、これがいつもいつも大変でならない。

さっきの例えのような店構えなら当たり前なんですよ。まして常連がほとんどだし、そういう店って。厳選された宝石が所狭しに並んでるようなものです。そして大金注ぎ込んで極上の一本を求めに来るスッゲェ客。

でもだからといって俺をそういう客と見做さないでくださいよ(泣)

んで巧い言い訳が思いつかずいつも何となく不穏な空気をそこに残したまま踵返すことになるのよ。

いやまぁ元々試奏自体がそういう性格があるから当然っちゃ当然なんだけど。「気に入ったギターを“手に入れる、だから”試しに弾く」っていう。

こっちはギター買う金どころか、その日はラーメンとライスと帰りの運賃で財布の中身は丸っと尽きてしまうって言うのに、真剣に。

そういうことなんです。

 

人間の情報の入手源は視覚からがほとんど、とかよく言われます。

それは俺もガチで思う。でもしかしそれは時と場合によって違ってくる。

俺は、こないだ22んなったばっか。

人を見かけだけで判断しないで頂きたい。全くー(笑)

そんな服装を好んでしまった俺の趣向を恨みゃ良いのか。やり場のない歯痒い感覚。

でもやっぱり「時代遅れ」は俺にとって寧ろ

ある種の褒め言葉