一部執集

― 怠慢と追求の巧い駆け引き ―

『社会人として、大人として、何々のブランドを着なきゃいけない。どこそこのメーカーのものは大人として最低限持ってなきゃいけない。』それなんだよ、それ。自分の周囲や回りの文化ばっかりがやたら豊かになりすぎたゆえにそれに全て左右され引っ掻き回されすぎて、自らの手で自らの力で自ら自身を豊かにして行くという人として至極当然当たり前のことを完璧に忘却している確たる証拠。大っ嫌い。

じゃー今やどこの就職先でもいちいち面接官とか人事の人間が逐一面接来た新成人漏れなく背広やスラックス1人ずつひっぺがして首元とか腰にあるラベルチェックしてはPaul SmithやARMANIクラスのスーツ着てないと見做した時点でどんどん不採用にしていくんやな。

経歴も○、履歴書も○、加えて字の綺麗さ、そいつの明るさ、振る舞い、人として当たり前の礼儀、ドアノックし入ってきたときの丁寧な挨拶、正しい敬語、言葉遣い、声の大きさ、表情、それら全てが200点満点だったとしてもやねんな。

例えそんなに裕福な家庭じゃなくて地元のどっかの個人の小さな小売店かなんかで安くで買ってきたクッタクタのローファーにシワもよれよれのスーツを数日前に3時間かけてシワ伸ばしまくって半日かけて靴磨き倒してなんとかかんとかそれなりに人前に出れるだけの見栄えにして、そんだけして着てきたやつであってもラベル見るなり得体も知れん見たこともない安スーツと見做せばとっとと不採用やねんな。

 

そいつの人間性や実績の全てを

 

たかが

 

たかがスーツ一個で優劣付けるなよ?

 

しまむらじゃ、Availじゃ、不採用か。

UNIQLO、GUじゃ、不採用か。

 

仕立て屋で2万も3万もしたスーツ着た奴は皆エライんかい。

 

POLO Ralph Laurenのやつは

BURBERRYのやつは

猫も杓子も、エライんかい。

 

イチキュッパを下回るスーツ着た奴皆門前払いかい。

 

 そういうハイソサエティでとってもお偉い考えの持ち主

 

みんなみんな

 

衣服に泥水ぶっかけてやりたくなるよ。

 

俺なりの筋。道徳。