一部執集

― 怠慢と追求の巧い駆け引き ―

ギターからアンプに音を行き着かすまでに、SEND/RETURNで10も20もパッチケーブルでエフェクター経由の道順用意しといてそこに信号を通した時と、20m近い超長めのシールドを一本用いた時の、どっちが音に劣化が出始めるかという件について

こないだ京都行ったときに
四条の4番出口前に兄ちゃんがフリマしてたネイティヴ・アメリカン雑貨の中の

大分ええ感じのピンキー用のターコイズの指輪見つけて
なかなかの値段やったけど
若っっっ干後悔してるっていう
いやそんときの所持金的にオイソレと買える値段じゃなかってんけど

 

でもああいう、言い方あれやけど
雑多に売ってる、個人で明らかハンドメイドでやってはるような手売りの店にある

ああいうとこに売ってるアクセサリーって、

得てして、なぜ俺好みなんばっか置いてんのか

俺これ学生の頃から思ってた

 

ちなみにそのメッカが、

神戸のモトコーな。(笑)(笑)(笑)(笑)

 

いかにも。(笑)(笑)(笑)(笑)

 

多分あれなんやろうな

ほんまのちゃんとした場所に構えた、屋根と空調完備のビシーッと美しく陳列されたシルバー屋なりジュエリーショップよりそういうストリートで、言うなれば武骨で、いろんな意味で雑でザックリしてる店のほうが、置く人も、置く物自体も、んで客層もそういうのにどうしてもなるからなんやろうな

んで俺の趣味的にも完全にそういうスタイルの物のほうが性に合うからなんやろう

 

AEROSMITH、愛してます。